ニキビ跡改善法

HOME

自力でニキビ跡を消すために必要なアイテム


ニキビ跡は一旦できてしまうと放置していて治ることはまれで、完全に消すためには特別なケアが必要となることがほとんどです。

有効的なケアとして美容クリニックでのレーザー治療などが挙げられますが、費用面で負担が大きく、気軽に受けることができないという人も少なくはありません。
そこで今回ニキビ跡を自力で消すために必要なアイテムについて解説します。

ニキビ跡の赤みや黒ずみの原因となっているのが、肌に過剰に生成されたメラニン色素です。
このメラニン色素を無色化して排出させる作用のあるのが美白化粧品です。
美白成分には様々な種類のものが存在しますがすでにできてしまったメラニン色素を排出させる作用があるのはビタミンC誘導体やハイドロキノンなどです。

メラニンができないように予防する作用しかない美白成分もありますが、それらはすでにできてしまったニキビ跡には効果的ではありませんのでその点を注意する必要があります。
ビタミンC誘導体は効果の現れ方としては穏やかですが、刺激性が少なく、また抗酸化作用が高く肌荒れの予防にも役立つ成分です。
ハイドロキノンは美白作用が大変強力で、時間が経って色素沈着を起こしてしまったニキビ跡の黒ずみの改善にも効果が期待できます。
 

ニキビ跡を消して美白になるための方法

 肌トラブルでとても嫌なものはニキビです。炎症を起こすと痛みが出たり、何度も同じ場所にできてなかなか治らなかったり、赤みが出て人から見られやすくて気になるものです。ニキビは思春期の頃はホルモンバランスの変化により皮脂分泌が過剰になることでできやすくなり、大人の場合はメイクや生活習慣の改善、乾燥など様々な原因でできます。

炎症を起こしてしまったり、誤ったケアで悪化させてしまうとニキビ跡として肌に残ってしまう可能性があるのです。凸凹になったり色素沈着を起こすとなかなか改善されないのです。
色素沈着のニキビ跡を改善する方法をひとつ紹介するなら、一番有効なのは美白ケアです。シミと同じで色素を除去することが大切なのです。化粧品でビタミンCなどの美白成分を使ったり、サプリメントや食品を積極的に摂取することで内側からケアできます。

ただし、一度ニキビ跡になってしまうと改善するのに時間がかかってしまうため、すぐに良くならなくても根気よく続けることが大切です。
ニキビ跡は放置しておくとずっと肌に残ってしまいます。しかし、美白ケアで徐々に改善していくはずです。跡が良くなった後は色白の美しい肌を手に入れることができるかもしれません。
 

ニキビ跡を改善する洗顔方法

ニキビ跡を改善するためには、まずニキビ跡が出来てしまっている肌がどのような状態になっているかを解説しなければなりません。ニキビになってしまった場合には、毛穴に雑菌がつまり、炎症が引き起こされてしまうのです。この状態のまま放置してしまうと、炎症がさらに悪化してしまうのです。その結果肌に大きなダメージが与えられてしまい、結果的にでこぼこが生み出されてしまうことになるのです。つまり跡になっている状態というのは、肌のダメージがとても大きい状態なのです。

この状態を改善するための洗顔方法は、出来る限り肌に刺激を与えないようにする必要があります。肌がニキビ跡の状態は、とても敏感な状態であるために、少しの刺激でもまた炎症の発生につながる場合があるのです。しかし刺激が弱すぎてしまうと、毛穴の汚れを効率良く落とすことが出来なくなってしまい、またニキビを作り出してしまう原因になります。そのため適度な刺激で洗顔を行うことが必要となるのです。

そのために大切な洗顔方法は、出来る限り洗顔剤を泡立てて洗うことが必要になります。泡を指でこすりつけるように顔を洗ってしまうと、指の摩擦で肌にダメージを与えてしまうことになります。なので自然に洗うためには、泡立てて泡の力で汚れを落とす必要があるのです。

20歳を過ぎてもニキビができてしまう場合はこちらで対処法をチェックしましょう。

→ 大人ニキビ対処法
 

PAGE TOP